側弯症とは?

側弯症とは、脊柱を正面から見た場合に、左右に曲がっている状態を脊柱側弯症といいます。

弯曲の大きさは、上下で最も傾いている背骨どうしのなす角度 (コブ角)で判断 しますが、

この角度が10°以上であるものが側弯症です。

側弯症は手術が必要と判断されるような角度(40°〜50°以上)になっても、痛みなどの症状を出すことはまれです。

しかし、進行すると、健康に直接影響を及ぼすような障害を引き起こすことがあります。

また、アメリカでは思春期以降の側彎症は治りにくいとされています。

側弯症でなくとも弯はほとんどの方にあります。

背骨が湾曲しているため腰痛、肩こりなどの原因にもなります。

最近の研究では、側彎症を真っすぐにするには難しいですが、側弯・側弯気味であれば

1回の施術でかなりの改善が見られます。

同時に腰痛や肩こりなども消失します。

側弯症検査は簡単です。

お辞儀して背中をご家族や友人に見てもらってください。

左右どちらかの背中が盛り上がってたら側弯です。

思い当たる節のある方は、京都駅から徒歩3分の当院までお越し下さい。

  • 側弯症のレントゲン写真
  • 側弯症の患者様の施術前
  • 側弯症の患者様の施術後

O脚・XO脚について詳しくはこちら

O脚・XO脚

O脚・XO脚に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院ぷらい堂

お気楽にお電話ください!

075-671-7738

075-671-7738
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:30~19:30(土曜日のみ18時閉院)
定休日
日・祝 第2・4水曜日

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分