変形性頚椎症

変形性頚椎症に悩む男性

変形性頚椎症に悩む男性

頚椎椎間板ヘルニアですが、50代からは老化による頚椎変形により神経圧迫などで、変形性頚椎症と命名されます。
一日中パソコンや運転する方、料理人さんなど下を向いたり、あごを突き出す姿勢の方に多い疾患です。
首に負担のかかる姿勢を長年されて加齢によりさらに骨を変形されたケースです。

頚椎は前湾カーブを保ってますが、下向きやあごを突き出す姿勢でカーブが消失し椎間板が圧迫されたり、骨が圧迫され周囲の神経に影響を及ぼし首から肩や腕、手まで痛みや痺れが出ます。最悪手術になります。

ただし、画像でヘルニアがあっても必ず症状が出るわけではありません。
ヘルニアが無くても同じ症状が出ることもあります。
世界の標準治療ガイドラインでは、画像のみでヘルニア等を判断しないように!となっています。

整体院ぷらい堂では姿勢から矯正していき、ほとんど症状が無くなることが多いので、お悩みの方はお気軽にお越しください。

患者様の喜びの声

電話番号、メールのお問い合わせ。

LINE@ID:@seitai-puraidou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院ぷらい堂

お気楽にお電話ください!

075-671-7738

075-671-7738
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:30~19:30(土曜日のみ18時閉院)
定休日
日・祝 第2・4水曜日

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分