ゴルフ肘とテニス肘

テニス肘に苦しむ女性

テニス肘に苦しむ女性

ゴルフ肘テニス肘

ゴルフ肘はゴルファーに多いためゴルフ肘と呼ばれています。

肘の内側の出っ張りの骨、内側上顆が痛むため内側上顆炎と診断されます。

前腕の内側の筋肉(屈筋群)は手のひらを見てもらうと常に指は曲がっています。

つまり、緊張している状態です。

屈筋群の筋肉は肘の内側から

多くは手の親指側へと斜めに走行しています。

緊張している筋肉をゴルフやバットで強く握りしめ長時間、毎日のように筋肉の緊張状態が続けば屈筋群が短縮して、屈筋群のスタートの肘の内側を引っ張るために炎症が起こるわけです。

施術は、前腕の緊張を取るだけでなく、肩や背部、腹部と緊張を取っていくと初回で改善がみられます。

あとはエクササイズで再発予防出来ます。

 

テニス肘はテニスプレイヤーだけでなく、パソコン作業や車の運転をよくされる方に多いです。

肘の外側の出っ張りの骨、外側上顆が痛むため外側上顆炎と診断されます。

外側上顆から前腕の内側にかけて、腕橈骨筋と言う肘を曲げたり、手のひらを外側に向ける大きな強い筋肉が手のひらを内側に向ける動作が多いために、外側上顆からスタートしている腕橈骨筋が伸ばされ続けて炎症を起こすためです。

施術は、前腕の内側ねじれを取るだけでなく、肩や背部、腹部の緊張を取っていくと初回で改善がみられます。

あとはエクササイズで再発予防出来ます。

ゴルフ肘やテニス肘の痛みでお困りの方は、ぜひ京都駅から徒歩3分の当院までご相談下さい。

電話番号、メールのお問い合わせ。

LINE@ID:@seitai-puraidou

整体院ぷらい堂

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分