腱鞘炎・手首の痛み

腱鞘炎

腱鞘炎

20代から50代の女性・妊娠・出産時・美容師さん・看護師さん・介護士さん等に多く、手を良く使う方の手首や親指側が痛む症状です。

指には数本の腱があり、腱はスムーズに動くように腱鞘というトンネルの中を通ってますが、使いすぎると腱鞘が肥大したり傷ついたりして、スムーズに動かなくなり、炎症を起こして痛みが出るとされています。これを一般的に腱鞘炎と呼ばれています。

ですが腱鞘炎と診断されたり、手首や指の痛みがある方に、腹部の硬い緊張している部分を押すと痛みが無くなります。

そして腹部の緊張を取るために、骨盤調整すると痛みは消えて、スムーズに動くようになります。

骨盤の歪みは手首にも指にも影響が出ることが証明されています。

腱鞘炎や手首、指の痛みでお困りの方は、ぜひ京都駅から徒歩3分の当院までご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院ぷらい堂

お気楽にお電話ください!

075-671-7738

075-671-7738
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:30~19:30(土曜日のみ18時閉院)
定休日
日・祝 第2・4水曜日

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分