坐骨神経痛とは?

お尻から太もも裏、ふくらはぎや足指にかけてシビレや痛みをともなう症状で中高年に多い症状です。ヘルニアや脊柱管狭窄症でも同じような症状が出ます。
痛みやシビレは継続することは少なく、波があったりします。

起床時がツラい、座って立ち上がる時に、歩いていると等パターンがあります。
また、病院の検査でヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されても、必ずしも診断名が原因で症状が出ているとは限りません。

世界の治療ガイドラインでは、画像診断のみでヘルニアや脊柱管狭窄症と判断すべきではない!となっています。

また、腰痛の経験がない人たちを画像検査したところ、

76%の人にヘルニアや狭窄症があったと報告されています。

坐骨神経痛は下肢のシビレや痛みは筋肉や筋膜による神経圧迫または牽引によって引き起こされることが多く、当院の整体検査ですぐに分かります。
また、検査で症状が消えれば、整体テクニックで改善できます。
坐骨神経痛でお悩みの方は検査だけでも受けてみてください。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

整体院ぷらい堂

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分