背骨を変形させないためにも座椅子は控えましょう!

座椅子は危険!

旅館やお年寄りの方が愛用されている座椅子ですが、

座椅子を愛用していると近い将来、頚椎ヘルニア、ストレートネック

腰椎ヘルニア、脊柱管狭窄症などの疾患を起こす危険性があります。

特に座椅子の背もたれを枕にして寝転ぶ寛ぎ方はかなり危険な体勢を取っています。

まず、身体に負担が少ない椅子の座り方ですが、背もたれは垂直で座っている

姿勢も背中が背もたれとフィットして垂直で頭も真っすぐ、足裏も床にフィット

している状態です。

ですが、座椅子では腰も首も前に丸めた状態で背骨はC字型に折り曲げられた状態です。

これを毎日、何年もやれば当然、背骨は変形し、ヘルニアや脊柱管狭窄症を発症します。

実際、以上の症状の方にお聞きすると、座椅子を使ってる方やソファーでも同じ姿勢を

取られています。

背骨を変形させないためにも座椅子は控えましょう。

どうしても座椅子に座るなら、背もたれは垂直に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

整体院ぷらい堂

〒601-8003京都府京都市南区東九条西山王町1 三星ビル2階(1階コミックショック)京都駅八条東口より徒歩2分